2007年11月10日

『不信者』10/34

  彼は鐙を踏んで立つた──顏には何か恐怖の色が見えた。
 恐怖の色は間もなく憎惡の色に變つた。
 氣味の惡い程白いのが憂欝をそへる
 墓の上の大理石のその蒼白な色だつた。
 眉は顰められ、眼は底光りがしてゐた。
 彼は腕を差し上げた、猛烈にさし上げた。
 そして嚴しく手を高く振つた。
 引き返さうか、逃げ終さうかと迷つてゐるかのやうに。
 遁走が延引おくれたのをもどかしがつて
 ぬば玉の彼のK馬は高く嘶いた――
 差し上げた手をさつと引いて、むづと劍を握つた。
 握つたその音が彼のうつゝの夢を破つた、
 梟の叫びを聽いて、愕然と眠りから覺める人のやうに。
 拍車は彼の馬の腹部はらを刺して
 高く投げられた槍のやうに迅速に
 驅り去るや、まつしぐら。
 蹴られて愕き、馬は躍る。
 岩角を廻つて最早海岸は戞然と鳴る
 その蹄の昔に震へることもない。
 目ざした斷崖に行き着いて、彼の基督教徒の
 被り物の飾りも傲然たる風貌も見えなくなつた。
 ぐいと嚴しく、手綱を絞つて、悍しいあの馬を
 止めたのはほんの瞬間ひとときに過ぎなかつたし
 彼が馬上に立つたのも、ほんの一瞬間であつて
 死靈に追はれてゐるかのやうに、急いで行つて終つた。
 だが、その束の間を彼の魂の上に
 思ひ出の幾歳の浪が打ち寄せて
 月日ときのそのただ一滴に苦惱のながき一生と
 罪惡の一時代が集まるやうに思はれた。
 愛したり、憎んだり、怖れたりする人の上に
 斯うした瞬間が、幾歳の悲歎を濺ぎ懸けるものなのだ。
 いとも強く胸を攪き亂す、あらゆるものの同時の
 壓迫を受けてその時彼は何を感じたのか?
 熟々に彼の運命に考へ及ばせたその合間ぼうず
 ああ、その一時の、寂しくも長い月日の
 日附けを記くものがあるであらうか。
 時の記録からすれば、殆んど無に等しいものではあつたが、
 思想に取つては、それは永遠であつたのだ。
 名も、望も、終りもない苦惱を
 それ自身に含むことの出來る思想は
 良心をかならず抱えてゐるもので
 無邊の空間のやうに無限だからである。


posted by 天城麗 at 00:00| Comment(0) | 不信者 | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

『不信者』11/34

 あの時は過ぎた、あの不信者は居なくなつた。
 彼は逃げたか、或は獨り戰ひ死んだか?
 彼が來た時、或は去つた時、その時が禍なのだ。
 ハツサンの罪の爲に宮殿を墓に變へるべく
 呪詛が送られたのであつた。
 沙漠の熱風のやうに彼はやつて來て、去つて終つたのだ、
 破滅と憂欝の先驅さきぶれ者とも言ふべく、
 荒らし卷くるその風に吹かれては
 絲繪の木だつて萎れて枯れて了ふ──
 無氣味な木だが、他のものが悲しみを忘れても
 いつも偸らず俛首れて、墓の主を悼むのは此木だけだ。


  厩舍の馬は消えてなくなつてゐる。
 ハツサンの邸宅には農奴一人ゐない。
 壁の上を擴がつて徐に浪をうたせてゐるのは
 孤獨な蜘蛛が懸けた灰色の帷帳だ。
 妾妻を置いてゐた部屋の中は蝙蝠が巣を食つて
 彼の威力を誇つた城砦では
 梟が烽火塔を横領してゐる。
 渇いても、餓えても、飮めもせず、食へもしないで
 獰猛になつた野犬が、噴泉の縁を咆え歩るくのは
 大理石の床に湛へた水は涸れて、一面に
 雜草や塵挨に荒はててゐるからだ。
 その昔、水が高く跳つて、銀の露の玉は
 氣紛れに渦を卷いて飛び散り
 あたりの空氣を冷えびえとここちよく冷えさせ
 地面を青々と草に生氣をもたせて
 噴き出して、蒸し暑い晝日中の熱氣を
 追ひ拂ふのは見るからに愉しいものだつた。
 雲のない空に星屑が明るく輝く時、
 蒼白く光るその水の浪を見、そしてまた
 夜の泉の旋律しらべを聽くのは樂しかつたものだ。
 ハツサンが幼少の時分たびたび
 その小瀧の縁を廻つて遊んだものだつたし、
 母親の胸に抱かれて、その音をききながら
 よい氣持に眠つたこともしばしばだつた。
 ハツサンが青年になつてからその泉の岸沿ひに
 美女の歌謠に慰められたことも度々あつた。
 そしてその泉の音に溶け合つて流るるやうな
 音樂の音色が一つ一つ一層なごやかに思はれたのだつた。
 だが、老樂のハツサンがその泉の縁沿ひに
 日が暮れてから休息することは決してあるまい。
posted by 天城麗 at 00:00| Comment(0) | 不信者 | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

『不信者』12/34

 その泉を滿した流れは涸れて
 彼の心を温めた血は流されてゐるのだ。
 そして此處では怒り、悔ひ、興じ悦ぶ
 人間の聲は最早聽かれはしなからう。
 風がはらんで傳へた最後の悲しい響は
 女の狂はしい、いとも悲しい泣き聲だつた。
 その聲が靜寂に消えて、風のさわぐ時
 はたはたと格子窓が鳴るばかり、
 大風が吹かうとも、大雨が降らうとも
 その窓の釦金をかけるものもないであらう。
 砂漠の砂の上の足跡、たとひそれが野蠻人の足跡であらうとも
 同胞にんげんの足跡だと判つたら嬉しからう。
 だから、此處では悲哀の聲そのものであつてすら
 慰安に似た一つの反響を覺ましもしよう――
 少くともその聲は言ふだらう「誰も居ないのではない。
 一人だけでも生命が殘つてゐる」と――
 何故と言ふと、孤獨の立ち入ることを許さない、
 金色に光り輝く室が數々あるし
 丸屋根の内部の腐蝕の進みは遲く
 その痕跡もまだ著しく現はれてはゐないからだ。
 だが門の上には陰氣の影が覆つてゐて、
 乞食だつてそこへ來て待つこともしない。
 遍路の托鉢僧も足を留めないのは
 足をとめて見ても施物を貰へないからだ。
 旅に疲れた他國人も神聖な「麺麭と鹽」を祝福し、主人と
 食卓を共にするために逗留しようともしないのだ。
 富裕とめる貧困まずしきも一樣に注意もしなければ、
 注意もされずにとほつて終はなければならないのだ。
 と云ふのは、禮儀も憐憫もハツサンと共に
 山の斜面で死ぼろびてしまつたからだ。
 人間に取つての隱れ場處だつた、ハツサンの屋敷の屋根も
 荒廢ががつがつと飢えて住む洞窟のやうなものなのだ。
ハツサンの土耳古帽が異教者の軍刀で割られてからは
客人はその邸を逃げ去り、農奴は勞役を脱れてゐるのだ。
posted by 天城麗 at 00:00| Comment(0) | 不信者 | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

『不信者』13/34

  來る人の足音が、聽へはするけれども
 人聲は一つも私の耳に入つては來ない。
 だんだん近付くと、頭巾が一つ一つ見えるし
 銀鞘無鍔の長釼が眼につく。
 その一隊の最先に居る人の着てゐる服裝が
 みどり色なので君侯であることが判る。
 「おい誰だ貴樣は」「此の低い辭儀が
 私は回教を信仰するものだとのお答になりまする」
 あなた樣がしづかに持たれて行くお荷物は
 餘程大事に扱はなければならない物でせうし、
 疑ひもなく何か大切なものが入つてゐるのでせう。
  むさ小舟ふねですが喜んでお待ち申します」
 「尤もな言分。その輕舟の繋留ともづなを解いて
 私達を乘せて、この靜かな岸を離れてくれ。
 帆は疊んだままにしておいて
 散らばつた手近の櫂を漕いで
 岩と岩の間の水が藍に淀むでゐる
 その岩のなかほどへ行くのだ、
 手を休めろ――さうぢや――ようやりおつた、
 わしどもは即刻ぢきに來て了つた、
 だが然し、旅は長い航海たびであらう、
 あれが、あのものが行く――×  ×  ×

  ×  ×  ×  ×  ×

 ざふりと物が落ち込んで、徐々に沈んで
 靜かな浪は岸まで漣を寄せた。
 それが沈んだあいだ私はそれを見守つたが
 水流の爲めに生じたある運動うごきが、思ひなしか
 一層その物を動したやうだつた。──が
 それは流れ動く水上に市松模樣を疊んだ光線に過ぎなかつた。
 熟つと見て居たが遂に視界から消えながら
 だんだん小さくなつて行くこいしのやうに退いてしまつた。
 潮を鏤めた眞珠の一點とばかり、小さく、小さく、
 見えるとも、見えないともわからなくなつた。
 そしてそのかくされた秘密は全て眠つてしまつて、
 知つてゐるのは海の守神ばかりだが
 その守り神達も珊瑚の洞穴の中で身震ひをしながら
 浪にすら、その秘事かくしごとを敢て囁かうともしないのだ。

  ×  ×  ×  ×  ×
posted by 天城麗 at 00:00| Comment(0) | 不信者 | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

『不信者』14/34

  東洋の春の昆虫の女王が
 その紫の翅を擴げて、カシミーアの、
 えめらるどの牧場の上を起ち舞ひながら
 年若い追ひ手をおびき寄せて
 花から花へ、伴れ廻り、引つ張り廻はして
 無益な時を使はせくたびれもうけをさせておいて
 心を喘えがせ、目に涙をためさせて
 若者を後に殘して、高く飛んで行つてしまふ。
 それと同樣な輝しい色と、同樣な氣紛れな翅を備へて、
 美女は大人になつた子供を同じやうに誘惑するのだ。
 愚行に始まつて、泣きの涙に終つた
 無益いたづらな希望と恐怖の追物なのだ。
 若し捕まれば、等しく不幸に裏切られて、
 蝶と處女を待つものは歎きなのだ。
 苦痛の一生と平和の損失もその根源は
 兒戲からと、それから大人のむら氣からなのだ。
 猛烈に求められた綺麗な玩具。
 捕へられては、その魅力がなくなつてしまふ。
 逃がすまいとする指にさはられるたんびに
 目ざましい鮮やかな色が擦り落されて
 しまひには魅力も、色も、美しさも失はれて
 飛んで逃げるか、さもなくば、獨りで死ぬまで
 放つて置かれなければならないのだ。
 翅は傷つけられ、胸に血を滲ませながら、
 どつちの犧牲者も何處へ行つて休むのだらう。
 蝶とても光澤を失つた翅で昔のやうに
 薔薇から欝金香へと飛べるであらうか。
 美女も一時の間に萎凋からされて
 破られたその女部屋のうちに歡喜を見出せるだらうか。
 そりゃ駄目だ。傍を飛ぶもつとはでやかな蝶々が
 死にかけた蝶々の上に翅を垂れて悲しむこともなければ
 美女達は自分のものの外はどんな缺點にも
 慈悲を示しもし、許しもしたし、
 どんな不幸にも一滴の涙を流しもしたが
 女の道をはずす姉妹をんなの耻辱は例外だ。

   ×  ×  ×  ×  ×

 犯した罪の歎きを抱いてゐる知性は
  火に取り圍まれたさそりのやうなものだ。
 輪を次第に狹めながら火が光つて、
 火群がその火群の捕虜とりこの周圍に迫るとき
 無數の痛手の奧深く探りをいれられて
  憤りに氣も狂ひながら、悲しい、唯一つしかない
 苦痛を輕くする方法てだてを捕虜は知つてゐる。
 それは敵を刺すために育てておいた針をつき立てることだ。
 その針の毒はまだ嘗つて無効に終つたことはなく、
 一度は劇しい痛を覺えても、痛みも疼きも皆消して
 必死の腦髓に深く突入するものなのだ。
 魂にKい影を持つものは、そんな風に死ぬか、
 火に圍まれた蠍のやうに生きてゐるからなのだ。
 後悔に裂かれた知性ところはそルな風に苦悶するものだ。
 地には不適當ふむきで、天には登れないのが運命だ。
 上方は暗Kであり、下方は絶望であり、
 周回は火焔であり、内部は死なのだ。

   ×  ×  ×  ×  ×
posted by 天城麗 at 00:00| Comment(0) | 不信者 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。