泰西名詩選集 バイロン詩集

泰西名詩選集表紙写真書名:泰西名詩選集 バイロン詩集
著者:ジョージ・ゴードン・バイロン卿 (1788-1824)
訳者:幡谷正雄 (1897-1933)
底本:新潮社『泰西名詩選集 バイロン詩集』1924
書誌情報:全国書誌番号 43041010

入力:osawa氏@物語倶楽部、天城麗
校正:天城麗
テキスト公開:2007-08-17
テキスト更新:2012-03-17

初期〜中期の短詩と『海賊』『ドン・ジュアン』などの長編詩からの抜粋、そして『シヨンの囚人』全編を含むバイロン詩集。

テキストファイルtaisei_20120317.txt
えあ草紙byron_taisei.txt(転送)
底本スキャン画像PDFbyron_taisei_light.pdf 23MB
このブログで読む泰西名詩選集カテゴリ


これらのテキストは著者・翻訳者とも著作権の保護期間を満了していますので、どなたでも自由に利用することができます。
テキスト版は青空文庫と同じタグを使用しているので、対応ソフトでルビなどを表示することができます。

※物語倶楽部のosawa氏が入力なさった新潮文庫版『バイロン詩集』のテキストを元に泰西名詩選集版に仕上げたものです。新潮文庫版には『シヨンの囚人』は含まれません。現在物語倶楽部のサイトは消失しています。
Internet Archive



[2009-01-01]
テキストファイルの繰り返し傍点/゛\を青空文庫のローカルルール/″\に改めました。
PDFを軽量版にしました。画像を縦1024pxに縮小し、画質を少し落としました。透明テキストをなくし、目次を入れました。
[2011-03-31]
「ウォ−タールー」を「ウォータールー」に修正。
[2012-03-17]
えあ草紙版の旧字と環境依存文字を書き換え。

posted by 天城麗 at 19:51| Comment(0) | ダウンロード | 更新情報をチェックする

艷美の悲劇詩 パリシナ (松榮堂書店)

書名:艷美の悲劇詩 パリシナ
原題:Parisina
著者:ジョージ・ゴードン・バイロン卿 (1788-1824)
訳者:木村鷹太カ (1870-1931)
底本:松榮堂書店『艷美の悲劇詩 パリシナ』1903
国立国会図書館 近代デジタルライブラリー『艷美の悲劇詩 パリシナ』
書誌情報:全国書誌番号 41001595

入力・校正:天城麗
テキスト公開:2007-09-06
テキスト更新:2012-03-17

イタリアのフェラーラのアゾ公が、若妻パリシナとその昔彼が作った私生児である青年ヒューゴーが不倫の関係にあることを知り、断罪するという悲劇詩全20歌。

テキストファイルparisina1903_20120317.txt
えあ草紙byron_parisina1903.txt(転送)


これらのテキストは著者・翻訳者とも著作権の保護期間を満了していますので、どなたでも自由に利用することができます。
テキスト版は青空文庫と同じタグを使用しているので、対応ソフトでルビなどを表示することができます。


英語版(海外サイト)
The Works Of Lord Byron, Vol. 3 - Project Gutenberg
Works of the Right Hon. Lord Byron - googlebooks



[2007-10-26]
第十二歌:「玄+玄」かと思ってたら、「茲」だったので修正。
[2009-02-26]
すべての「」「ヘ」「av「~」「カ」「ョ」を「青」「教」「福」「神」「郎」「頼」に変更した。
[2012-03-17]
「香vを「緑」、「K」を「黒」に変更した。
posted by 天城麗 at 19:57| Comment(0) | ダウンロード | 更新情報をチェックする

艷美の悲劇詩 パリシナ (尚友館書店)

parisina.jpg書名:艷美の悲劇詩 パリシナ
原題:Parisina
著者:ジョージ・ゴードン・バイロン卿 (1788-1824)
訳者:木村鷹太カ (1870-1931)
底本:尚友館書店『艷美の悲劇詩 パリシナ BYRON'S PARISINA』訂3版 1905
国立国会図書館 近代デジタルライブラリー『艷美の悲劇詩 パリシナ』
書誌情報:全国書誌番号 40084342
(同じ訂3版の別コード:ライブラリー41001695全国書誌番号 41001695

入力・校正:天城麗
テキスト公開:2007-09-07
テキスト更新:2012-03-17

イタリアのフェラーラのアゾ公が、若妻パリシナとその昔彼が作った私生児である青年ヒューゴーが不倫の関係にあることを知り、断罪するという悲劇詩全20歌。
松榮堂書店版の三訂版。訳者による序文解説付き(英文は割愛)。

テキストファイルparisina1905_20120317.txt
えあ草紙byron_parisina1905.txt(転送)
このブログで読むパリシナカテゴリ


これらのテキストは著者・翻訳者とも著作権の保護期間を満了していますので、どなたでも自由に利用することができます。
テキスト版は青空文庫と同じタグを使用しているので、対応ソフトでルビなどを表示することができます。


英語版(海外サイト)
The Works Of Lord Byron, Vol. 3 - Project Gutenberg
Works of the Right Hon. Lord Byron - googlebooks



[2007-10-26]
第十二歌:「玄+玄」かと思ってたら、「茲」だったので修正。
[2009-02-26]
すべての「」「ヘ」「av「~」「カ」「ョ」を「青」「教」「福」「神」「郎」「頼」に変更した。
[2012-03-17]
「香vを「緑」、「K」を「黒」に変更した。
posted by 天城麗 at 20:02| Comment(0) | ダウンロード | 更新情報をチェックする

汗血千里マゼッパ

mazeppa.jpg書名:汗血千里マゼッパ
原題:Mazeppa
著者:ジョージ・ゴードン・バイロン卿 (1788-1824)
訳者:木村鷹太カ (1870-1931)
底本:真善美協会『汗血千里マゼッパ』1907
国立国会図書館 近代デジタルライブラリー『汗血千里マゼッパ』
書誌情報:全国書誌番号 41003501

入力・校正:天城麗
テキスト公開:2007-10-08
テキスト更新:2012-03-17

コサックの老酋長マゼッパはロシアとの戦いに敗れ、西へ逃れるその途中、仕えるスウェーデン王カロルス十二世に乞われて、若き日の危難──ポーランド宮廷の小姓の身でありながら伯爵夫人テレサと通じたがために、荒馬の背に裸で括りつけられ、野に放たれた──を語る物語詩全20歌。
訳者による序文解説付き。

テキストファイル(傍点あり)mazeppa_20120317.txt
えあ草紙byron_mazeppa.txt(転送)
テキストファイル(傍点なし)mazeppa_20120317_none.txt 48KB


これらのテキストは著者・翻訳者とも著作権の保護期間を満了していますので、どなたでも自由に利用することができます。
テキスト版は青空文庫と同じタグを使用しているので、対応ソフトでルビなどを表示することができます。


英語版(海外サイト)
The Works of Lord Byron, Volume 4 - Project Gutenberg
Works of the Right Hon. Lord Byron - googlebooks




[2007-10-26]
第十歌の判読不能文字を「曩(さき)」と判断し追加しました。
[2007-11-03]
前回修正忘れのあった傍点ありTXTのみ更新。
[2009-01-01]
テキストファイルの繰り返し傍点/゛\を青空文庫のローカルルール/″\に改めました。
[2009-02-26]
すべての「」「ヘ」「av「~」「カ」「ョ」を「青」「教」「福」「神」「郎」「頼」に変更した。
[2012-03-17]
「香vを「緑」、「K」を「黒」に変更した。
posted by 天城麗 at 20:11| Comment(0) | ダウンロード | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。