2007年12月26日

『短編バイロン詩集』13自然の祈祷

  第十三、自然の祈祷

  (一)

あゝ光明の父!
天の偉大なる神!
御身は失望の呻吟を聞かれしや、
人間の如き罪惡は長へに許され得るや、
邪惡は祈祷によりて償はれ得るや。

  (二)

あゝ光明の父!
我は御身を呼ぶ!
御身は我が精神の幽暗なるを見られ、
燕雀の倒るゝをさへ知らるゝ御身は、
罪惡の死を我より遠けらる。

  (三)

何等の聖社も、
何等の宗派も我は求めず、
あゝ我に眞理の道を示せ!
我は御身の全知全能を知る、
許せ、正せ、青春の過失を。

  (四)

愚者をして淫社を拜せしめよ、
迷信者をして高堂を讃せしめよ、
幾多の僧侶牧師をして、
己が陰暗の君權を擴張すべく、
不可思議の説話を以て盡惑せしめよ、

  (五)

あゝ/\微弱無知なる人間は、
浮華朽ち易すき石材の殿堂に、
莊嚴なる造物者の大威力を幽閉し得るや、
御身の聖殿は赫陽の輝く處、
地球、太洋、蒼天は、
是れ無限なる御身の玉座。

  (六)

人間はその種族を地獄に墮せしめ得るや、
語れ、凡て我に、
罪せられしその人は、恐ろしき、
暴風雨に死滅せざるべからざるかを。

  (七)

同胞は滅亡すべく定められ、
その精神は異なる望を供へ、
教訓は少しも鼓吹せられざるに、
尚ほ人々は樂園に達せんと僭望し得るや。

  (八)

説明すべからざる信條にによつて、
空想の歡苦を豫め定め得るや、
大地を匍匐する昆虫は、
如何で雄大なる神の宿志を解さんや。

  (九)

唯だ自己の爲めにのみ生き、
日々罪惡の上に漂へるもの─
信仰によつて、罪、償はれ、
如何で無涯のタイムを越へて生活し得んや。

  (十)

あゝ父よ、
我は何等豫言者の法則をもとめす─
御身の法則はあらゆる、
自然の事物の上に現はる─
我は己の不純と淺薄を知る、
されど或は、
滿腔の熱誠を以て御身に祈る!

  (十一)

無限無邊の大空を通じて、
燦然として彷徨へる星辰を導き、
物質の爭ひを鎭め、
我が歩む極より極に遍在する御身!

  (十二)

慧智を以て我を此處に置き、
欲する時我を取り去り得る御身、
あゝ!此定めなき地球を踏む間、
御身は茫漠なる擁護を我に廣む。

  (十三)

あゝ我が神!
我は御身を呼ぶ!
如何なる福社悲哀起るとも、
我の盛衰榮枯は只だ御身の命のまゝ、
我は只だ御身の保護に任せんのみ。

  (十四)

若しや此塵土は塵土歸せしとき、
我が精神は青空に浮揚するならば、
如何に御身の榮光ある名聲は崇拜せられ、
か弱き其音調を歌ふべく鼓吹せん!

  (十五)

さはれ、此悲走する精神は、
土石と共に永刧暗Kの墳墓に埋められ、
盡未來際、忌むべき死を出づる能はざるも、
生氣の迸する間、
我は飽迄で御身を祈らん。

  (十六)

我は過ぎにし御身の恩惠を謝さんがため、
我が無力淺弱の詩琴を彈ぜん、
あゝ我が神よ我は遂に、
この汚れ多き人世を去らんことを欲す!



祷はすべて「示+壽」、第3水準1-89-35、禱。

底本:
国立国会図書館 近代デジタルライブラリー『バイロン詩集』43コマ〜


posted by 天城麗 at 00:00| Comment(0) | 短編バイロン詩集 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。