2007年12月21日

『短編バイロン詩集』07離別

※第八『愛の最後の別れ』はすべて欠けています。


  第七、離別

  (一)

愛らしき乙女!御身の殘せし接吻は、
一層幸福なる月日の、此賜物を、
汚さずに御身の唇に返すまで、
決して我が唇を離れざるべし。

  (二)

優しく光りし御身の離別の目眸まなざしは、
均しく切なる愛を見らるべく、
御身の目瞼まぶたより流るゝ熱き涙は、
我に變る勿れと泣き得るなり。

  (三)

我は、獨り思を惱まして、
我を幸福にする誓約を求めず、
又は、御身のことのみを思ひ居る、
胸の爲めに一の記念物も願はず。

  (四)

我は又書くを要せず──此話を記するには、
我が筆餘りに弱かりき、
あゝ!此眞情こゝろは語り得ずば、
如何で無益の言葉は効あらんや。

  (五)

あゝ雨の晨、風の夜、
喜ばしき時、悲しき時、
まゝならぬ悶々の戀を懷いて、我は、
沈默の苦痛を甞めざるべからず。
御身故、



底本:
国立国会図書館 近代デジタルライブラリー『バイロン詩集』31コマ〜


posted by 天城麗 at 00:00| Comment(0) | 短編バイロン詩集 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。