2007年12月09日

『短編バイロン詩集』02恋愛の接吻

  第二、戀愛の接吻

  (一)

痴愚の織り出せる虚僞の織物なる、
淺薄なる小説の假想荒誕を去れ!
我に眞情を語る優しき一瞥か又は、
戀愛の最初のキツスに宿る無限の喜びを與へよ。

  (二)

架構空想に燃ゆる胸を有し、
小林狹野にふさはしき──邊僻の感情を懷ける小詩人、
御身甞て甘き戀愛の最初のキツスを味ひしならば、
あゝ如何に幸多き感興インスピレーシヨンより御身の詩歌は流れ出づるならん!

  (三)

若しやアポローその幇助を拒み、
詩神御身の務を棄てられしとも、
彼等に祈願せず潔くミユーズに訣別を告げて、
戀愛の最初のキツスの効果を試みよ。

  (四)

例令謹愼者我を罪し、迷執家我を非難するとて、
我は汝技巧の冷かなる作物を憎み、
戀愛の最初のキツスに喜び亂るゝ、
胸より迸ばしる眞實の情緒を求む。

  (五)

御身の空想的題目なる牧人や、牧羊や、
人を娯ませ得んも人を感動せしめ得ず、
アルケヂアは只だ夢の一邦土に過ぎず、
あゝ如何で戀愛の最初のキツスの樂しさに若かんや。

  (六)

あゝ!人類は生來アダムより今に至るまで、
不幸艱難を以て彷徨へりと云ふを止めよ、
懷かしき樂園パラダイスの一部は尚ほ地上に存し、
慕はしきエデンは戀愛の最初のキツスに復活さる。

  (七)

光陰は矢の如く、日月に關守なく、
齡傾き血冷かに、我等の樂しみ去りし時、
床かしき過去の追想は長く胸に殘り、
戀愛の最初のキツスは最も樂しき思出となる。



底本:
国立国会図書館 近代デジタルライブラリー『バイロン詩集』18コマ〜


posted by 天城麗 at 12:06| Comment(0) | 短編バイロン詩集 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。