2007年11月13日

『短編バイロン詩集』バイロンの生涯(2/5)

▲千八百〇九年より十一年まで二ヶ年間海外漫遊せし彼は、いたく各國の麗はしい風景や、由緒ある古蹟に感動せられ鼓吹せられ、かの破天荒の名詩「チヤイルド、ハロルド巡遊」記の初め二編を書いた、たとへバイロンは悠々西班牙や土耳古の旅程に上りしとは云へ一旦深く刻まれし失戀の影は、長く/\その胸底に搖曵してあつた故に、吾人は彼の辯疏にも係らず、噪宴や放恣を以て、人生の氣力を消せし陰欝なるチヤイルド、ハロルドは、著者自身を描寫せしにあらざるやを疑ふのである、彼は悲慘憂悶に惱み自己の才能の異常なるを認知し、世を厭ひ、人を惡み、あらゆるる事物を憎み、自己の照影とも云ふべきチヤイルド、ハロルドを描いた、そして篇中に現はれたる人物は、皆同一に陰欝な性格を有してゐる。
▲この空前の傑作チヤイルド、ハロルドの千八百十二年に出版せらるるや、魯鈍として嘲けられたる無名の一小詩人は、一躍して世界の大詩人となり、文壇の泰斗と仰がれ、滿天下の讀者均しく驚嘆の叫びを洩したのである、彼自ら記して「我れ一朝醒めて自身の著名なるを知る」と云つた。
▲交際場裡の人として、文壇の麒麟兒としての彼の生活は殆んど三年、此間彼は貴族院議員として三度演説を議場に試みたのである、彼は其旅行中見聞せし事實を基礎として、優艶な悲壯な土耳古物語を書いて、英國人士の心中に現代希臘西を慕ふの念を起させた、「不信者ザハー」「アビードスの花嫁ブライド」は千八百十三年に現はれ、「海賊コルセーア」「ラゝ」は其翌年に版に上つた、前二者は傳記的冐險の物語に適する四歩句テトラメーターに書き、後者はドライデンポープ脚韻的五歩句ライムイングペンタメーターを用ひ、且彼の獨特の音律や色彩を與へてゐる、凡て此等の四篇中には皆、清痩不健全な不平滿々たるバイロン的主人公が宿つてゐる、そして思ひ一度茲に到れば、チヤイルド、ハロルドの高い青白い額の周圍に眞紅のシヨールを纒ひ、頭巾付けの純白の長外套を身に着け、土耳古的長劍と銀裝の短銃を腰間に帶び、全く希臘西風の服裝をなして兩眼に悲憤を湛へてゐる姿は、何となく吾人の眼前にまぼろしのやうに見へるのである。



Category:詩形 - Wikipedia


posted by 天城麗 at 02:00| Comment(0) | 短編バイロン詩集 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。