2007年11月05日

『不信者』05/34

 死の音訪れの最初の日の過ぎないうちに、
 危險と苦悶の最後であつて
 悲しい空無の最初の日が過ぎないうちに、
 (衰退の抹殺の指が美貌の名殘りを
 猶とどめてゐる筋々を消しきらないうちに)
 死人のむくろに身を屈めて
 そうして温和な天使のやうな樣子すがた
 安らかに眠る憩ひの欣喜を
 穩やかな頬の無氣力の痕を殘して
 固まりながらも物軟らかな面影に
 目を止めて見た人は
 悲しい被物をした眼がなかつたら、
  もう燃えもせず、誘ひもせず、涙も流さない
  眼がなかつたら――冷たい變化しない額がなかつたら、
 その額の生活機能終息の無感覺を見守る追悼者は
 その運命を頒けられでもするやうに、
 怖ろしがりながらも、眼を外らさずに見まもる。
 さうなんだ、是等のことさへなかつたら、
 少時は、さうだ、頼みにならないが一時は
 彼はまだ死の力を疑ふかも知れない。
 死によつて示された最初の、そして最後の顏付きは
 斯くも清らに、斯くも靜に、斯くも輕く封印を押される。
 此の海岸の樣相はさういふものなのだ。
 希臘には相違ないが生きてる希臘ではもうないのだ。
 かうも冷たく匂はしく、かうも怖ろしく麗しい。
 私達が吃驚するのは、其處には魂がないからだ。
 別れの息と一緒に別れきつては終はない
 死んだ女の美しさなのだ。
 怖ろしい程のにほひを持つた美しさ、
 墓場まで附きまとふあの色の美しさ、
 表情の最後の褪せて行く光りなのだ。
 腐朽を周つて去りやらぬ暈の金色、
 過去の感情の告別の輝きなのだ。
 輝いてもその光りが育んだ大地に
 もう熱は與えない天來の火群の火花なのだ。


posted by 天城麗 at 00:00| Comment(0) | 不信者 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。