2007年11月02日

『不信者』02公告/34

  公告

 これらの筋道の通らない斷片が示す物語は今は昔程に東洋では普通ではなくなつた事情にもとづいたものである。と言ふのは婦人達が「往昔」より用心深くなつてゐる爲めか、或は基督教者が昔より幸運しあはせになつてるのか、或は冐險心が乏しくなつたが爲めかなのである。
 此物語は完結すると、一人の女の奴隸が貞操を汚したといふので、回教徒の風習に依つて、海中に投げ込まれ、彼女の愛人だつた若いヴエニス人がその復讐をしたといふ異状な事件を含んでゐた。その頃彼七島をヴエニス共和國が所有してゐて、ロシア人の侵略の後暫時はアルバニア人が掠奪を恣にしてゐたモレアから彼等が間もなく撃退された時だつた。ミシトラの掠奪が拒まれたのでマイナの住民が脱走した結果、その計畫を放棄することになり、モレアは荒廢するに到つた。その間到る處に行はれた殘虐は回教信者の記録にすら比類のないものだつた。

ADVERTISEMENT.

The tale which these disjointed fragments present, is founded upon circumstances now less common in the East than formerly; either because the ladies are more circumspect than in the "olden time," or because the Christians have better fortune, or less enterprise. The story, when entire, contained the adventures of a female slave, who was thrown, in the Mussulman manner, into the sea for infidelity, and avenged by a young Venetian, her lover, at the time the Seven Islands were possessed by the Republic of Venice, and soon after the Arnauts were beaten back from the Morea, which they had ravaged for some time subsequent to the Russian invasion. The desertion of the Mainotes, on being refused the plunder of Misitra, led to the abandonment of that enterprise, and to the desolation of the Morea, during which the cruelty exercised on all sides was unparalleled even in the annals of the faithful.


posted by 天城麗 at 00:00| Comment(0) | 不信者 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。