2007年10月12日

不信者

書名:不信者
原題:The Giaour
著者:ジョージ・ゴードン・バイロン卿 (1788-1824)
訳者:小日向定次郎 (1873-1956)
底本:三笠書房『世界文學選書 12 バイロン詩集 第二卷』1950
書誌情報:不明

入力・校正:天城麗
テキスト公開:2007-10-12
テキスト更新:2012-03-17

基督キリスト教徒と愛し合ったイスラム教徒の女奴隷は、その風習に従い主人等の手により海中に沈められた。基督教徒の青年はそれを知り……。
吸血鬼史上にも貴重な物語詩。
※"The Giaour"は『異教徒』『邪宗徒』などとも訳されている。

テキストファイルgiaour_20120317.txt
えあ草紙byron_giaour.txt(転送)
底本スキャン画像PDFbyron_giaour_light.pdf 6.13MB
このブログで読む不信者カテゴリ


これらのテキストは著者・翻訳者とも著作権の保護期間を満了していますので、どなたでも自由に利用することができます。
テキスト版は青空文庫と同じタグを使用しているので、対応ソフトでルビなどを表示することができます。


英語版(海外サイト)
The Works Of Lord Byron, Vol. 3 - Project Gutenberg
Works of the Right Hon. Lord Byron - googlebooks



[2009-01-01]
PDFを軽量版にしました。画像を縦1024pxに縮小し、画質を少し落としました。透明テキストをなくし、目次を入れました。

[2009-02-26]
疾風《け※ち》→疾風《はやち》
すべての「」「ヘ」「av「~」「ョ」を「青」「教」「福」「神」「頼」に変更した。
[2012-03-17]
「香vを「緑」、「K」を「黒」に変更した。
posted by 天城麗 at 00:23| Comment(0) | ダウンロード | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。