2007年11月01日

不信者 INDEX

『不信者』
バイロン卿 (1788-1824)著
小日向定次郎 (1873-1956)訳
詳細・ダウンロード

全34エントリー(2007/11/01〜2007/12/04)


  1. 献辞
  2. 公告
  3. 彼のアテネ人テミトクレスの墓の下に打ち寄せる、
  4. 海賊の小艇は隱れるに都合のよい、下方の小灣に潜んで、
  5. 死の音訪れの最初の日の過ぎないうちに、
  6. 忘れられてはゐないあの勇士の住んだ國土よ!
  7. お前の國の海岸を踏む人は何を語り得ようか。
  8. 遠々と、暗らく、青海原を掠めて
  9. 眞急ぎに彼が逃げて行つたとき
  10. 彼は鐙を踏んで立つた──顏には何か恐怖の色が見えた。
  11. あの時は過ぎた、あの不信者は居なくなつた。
  12. その泉を滿した流れは涸れて
  13. 來る人の足音が、聽へはするけれども
  14. 東洋の春の昆虫の女王が
  15. 色Kいハツサンは妻妾の部屋には寄りつかず
  16. レイラの眼のKい魅力を話しても効はあるまい。
  17. 嚴格なハツサンは二十人の家來を伴ひ
  18. その一行は遂に松林のあるところへ着く。
  19. 一潟千里の勢いで川が眞Kくなつて
  20. 軍刀は柄元まで碎かれてはゐるが
  21. 草を食む幾頭の駱駝の鈴が鳴つてゐる。
  22. 因果を思ひ知らせる、地獄の鬼の大鎌に刈られて
  23. 彼處にゐる孤獨な希臘僧はどう言ふ名前の男なのだ。
  24. 薄Kい彼の僧衣の頭巾の下にぎろりと光る
  25. 地を引きずる長衣を身の廻りに褶しあげて
  26. にやけた柔弱な男は戀愛に走り勝ちである、
  27. 「神父樣、あなたは平和な生涯を過されて來られた、
  28. 「私は彼女が好きでした、大好きでした。──
  29. 冷たい風土の人間の血は冷たい
  30. 「さうです、全く愛は天來の光明です。
  31. 「彼女はなくなつて終つても私は生きて居ました。
  32. 「今はむかし、もつと靜かだつた時のこと
  33. 「今更想像の閃めきなど言つてくださいますな。
  34. 「こう言ふのが私の名であり、こういふのが私の物語です。


posted by 天城麗 at 00:00| Comment(0) | 不信者 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。