2008年08月21日

ON LADY MILBANKE'S DOG TRIM.

ON LADY MILBANKE'S DOG TRIM.

ALAS! poor Trim;
I'm sorry for him:
I had rather by half
It had been Sir Ralph.

When Lord Byron, soon after his marriage, was on a visit at the house of his father-in-law in Leicestershire, he was much annoyed by the frequent quarrels of Sir Ralph Milbanke and his lady. One morning, Lady Milbanke came into Lord Byron's room, and weeping for the loss of her favourite dog, earnestly requested him, as soon as convenient, to write an epitaph. His Lordship replied, "I shall never be more at leisure than at the present moment:" and immediately wrote the above. --P. E.



これもテキストが見当たらなかったので、入力しました。
バイロン卿が結婚後まもなくミルバンク家(妻の実家)を訪ねた時にミルバンク夫人(義母)の愛犬が死んでしまったので、墓に捧げることになった詩。ところで何故死んだかとと言えば、ミルバンク夫妻が喧嘩していて、イライラしたバイロン卿に八つ当たりされてしまったからさ。
……と、そんな意味だと思うのですが、機械翻訳頼りなので正確なところはわかりません。

底本:
The complete works of lord Byron ... - Google ブック検索


posted by 天城麗 at 00:00| Comment(0) | 英詩(English) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。