2008年08月01日

『短編バイロン詩集』31高慢なる婦人

  第三十一、高慢なる婦人

  (一)

あゝ思慮なき娘!何故に斯く、
他人の耳には無意義なることを現はすか、
何故に斯く御身の平和を破り、
將來の涙の種を造るや。

  (二)

あゝ輕卒なる處女、
只だ一時斯く爲めに語りし種々の愚事を、
憎むべき敵は潜に微笑しつゝあるに、
御身は反つて悲しむなるべし。

  (三)

高慢なる娘!若し御身は、
少年の言を信ぜば御身の嘆は近けり、
あゝ、其深き誘惑より免れよ、
然らずは僞善なる掠奪者の餌食とならん。

  (四)

御身は小兒らしき高慢を以て、
僞く爲めに人の發する言語を反覆するか、
若しも御身は強いてそを信ぜば、
平和希望御身の凡てを失ふべし。

  (五)

御身は今や女の侶伴の間にありて、
再び慰藉の空談を語るとき、
然かも虚僞の無益に掩はんとする、
その現はるゝ嘲笑に、注意せざるや。

  (六)

此等の空談は秘密なる沈默に終り、
公衆をして御身に注視せしめず、
如何なる謹深き處女か赤面せずして、
阿侫する遊冶カの讃辭を繰返さんや。

  (七)

あらゆる愚なる自負を語り、
皇天は其目の中にありと考へ、
然かも些細の虚僞を見能はざる彼女を、
如何で嘲笑好きなる少年は蔑まざらんや。

  (八)

此等青春の空談を語りて、
柔かき快樂を感ずる彼女に、
虚榮心の隱匿を防ぐる間は、
我々の言ひし又は書きし凡てを信頼せざるべからず。

  (九)

御身は己が美の支配を重せば、そを止めよ、
何等の怨憎も我に非難を命ぜず、
されど高慢心より斯の如き人を、
我憐れめども決して愛し能はざるなり。



底本:
国立国会図書館 近代デジタルライブラリー『バイロン詩集』89コマ〜


posted by 天城麗 at 00:00| Comment(0) | 短編バイロン詩集 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。