クブラ・カーン あるいは夢で見た幻影:断片

クブラ・カーン あるいは夢で見た幻影:断片
著:サミュエル・テイラー・コールリッジ
訳:wilder - 書肆・翻訳 七里のブーツ

所処はザナドゥ、クビラ・カーンは命ず
厳然たる歓楽の宮を建立せよ。
流るるは、聖なる河アルフ
人智の知れぬ洞穴を抜け
 光なき海へと落つる。
かくて五哩に渉る肥沃な大地に
城壁、城塔が経巡らされし。
曲江の燦然たる庭園には、
香木、芬々と咲き乱るる。
小丘、森木いずれも千古を経、
新緑の燦々たるに包まるる。

されど! 深い間隙など夢
常緑の丘を走るなどあり得ぬはず!
卑しき哉! その耽美なるさま
憑かれし下弦の月のもと
魔と添いし乙女が嘆くごとし!
間隙には絶え間ない騒めき、
そはまさに大地の喘ぎ、
猛き泉がほとばしる。
間歇のさなか
跳ねる礫はあたかも雹か
もしくは脱穀鎌の下の籾殻か。
絶え間なく踊る礫の一つ
聖なる河にふと抛たるる。
あてどなく五哩をさまよい
聖なる河は密林峡谷を抜け、
人智の知れぬ洞穴に至り、
喧々と音立て死海に沈む。
而して喧噪のさなかクブラは聞けり
戦争を予言する遠い祖先の声を!
 歓楽の宮殿の影が
 波間に漂う。
 聞こえたのは和音の調べ
 泉よりの声また洞穴の声。
稀なる匠の奇跡、
燦然たる歓楽の宮にある氷の洞穴!

 ダルシマー弾きの乙女を
 かつて幻影に見た。
 アビシニアの娘、
 ダルシマーを弾きながら、
 アボラの山を謡う。
 思い出せるなら
 あの調べ、あの歌、
 あの輝きにひれ伏すだろう、
あの楽の音、あの一時があれば、
宙に宮殿を建立しよう、
あの輝く宮を! 氷の洞穴を!
耳にした者は誰もが見るはずだ、
誰もが声をあげるはずだ、気をつけろ! 気をつけろ!
その炯々たる眼、その蠢く頭髪!
三重に取り囲み、
畏怖もて瞳を閉じよ、
彼の者は甘露を食し、
楽園の乳を飲んだのだから。

クリックせよ、さらば開かれん
posted by 天城麗 at 02:30| Comment(0) | その他テキスト | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。