2008年07月20日

『短編バイロン詩集』19希臘の恋愛歌(一)

  第十九、希臘の戀愛歌(一)

  (一)

あゝ!戀愛は尚ほ決して、
苦悶、悲哀、疑惑なき能はざりし、
そは不斷の嘆息を以て我が心を苦しめ、
尚ほ晝夜は光なく淋しく轉ずるなり。

  (二)

我が悲哀を慰むる一人の友なく、
我は、我は寧ろ無情の風に打たれて死せんことを欲す。
戀愛の箭矢を有するは我能く之を知る、
あゝ!されどそは餘りに深く毒附けられたり。

  (三)

小鳥よ、戀愛の屡御身の來る處に置きし、
網を尚ほ自由に避けよ然らずは、
彼の不幸なる熱火に圍はれて、
御身の胸は燒け御身の望は絶え果てん。

  (四)

我も甞ては樂しき幾年いくとせの春、
自在なる羽翼を有する小鳥なりき。
されど悲しや巧みなる羅網わなに捕はれて、
我は燒けて今や力なく此處に羽ばたきす。

  (五)

戀せしことなき人、あだに戀せし人は、
つれなき拒絶こばみ、蔑しむ目眸まなざし
怒れる戀愛の一瞥に宿る閃めき等の、
苦悶を感じ得ず又憐れみ得ず。

  (六)

諂ひがちなる夢に、我は御身を戀人と思ひぬ、
されど今や望と望める彼は衰へたり、
融くる石臘の如く、凋む花の如く、
我は我が情念と御身の勢力を感ず。

  (七)

我が生命の光!そのえみなき唇と目は、
あゝ何故の變化ぞや、
戀愛の我が小鳥!我が美しき友!
御身は變わりしが而して厭ひ得るや。

  (八)

我が目は冬の流の如く冷かに溢る、
如何なる薄命の人が我と悲哀を變へんと欲するぞ
我が小鳥!憐れと思はれよ、只だ一曲の歌は、
御身の戀人に生命を與ふる魔力を有するぞよ。

  (九)

流れぬ我が血潮と、狂へる我が心とを、
沈默の悲痛の中に我は僅かに支ふ、
而して我が胸は破れつあるに、尚ほ御身の胸は、
些の苦悶もなく喜び躍るなり。

  (十)

あゝ御身、恐れず激毒を我に注げ!
御身は今よりも劇しく我を虐殺し能はず、
我は我が生日を呪はんが爲めに生きぬ、
而して戀愛は斯くも殺害を延べ得るなり。

  (十一)

痛痕いたでを負ひし我が心、血潮滴る我が胸、
忍耐は汝に慰安を與へ得るか、
あゝ/\!餘りに遲し、我は其喜びの
悲哀の先驅なるを熟知せり。

(※屡は「尸+婁」、第3水準1-47-64、屢、しばしば)

底本:
国立国会図書館 近代デジタルライブラリー『バイロン詩集』59コマ〜
posted by 天城麗 at 21:33| Comment(0) | 短編バイロン詩集 | 更新情報をチェックする

TRANSLATION OF A ROMAIC LOVE SONG.

TRANSLATION OF A ROMAIC LOVE SONG.

Ah! Love was never yet without
The pang, the agony, the doubt,
Which rends my heart with ceaseless sigh,
While day and night roll darkling by.

Without one friend to hear my woe,
I faint, I die beneath the blow.
That Love had arrows, well I knew,
Alas! I find them poisoned too.

Birds, yet in freedom, shun the net
Which Love around your haunts hath set;
Or, circled by his fatal fire,
Your hearts shall burn, your hopes expire.

A bird of free and careless wing
Was I, through many a smiling spring;
But caught within the subtle snare,
I burn, and feebly flutter there.

Who ne'er have loved, and loved in vain,
Can neither feel nor pity pain,
The cold repulse, the look askance,
The lightning of Love's angry glance.

In flattering dreams I deemed thee mine;
Now hope, and he who hoped, decline;
Like melting wax, or withering flower,
I feel my passion, and thy power.

My light of Life! ah, tell me why
That pouting lip, and altered eye?
My bird of Love! my beauteous mate!
And art thou changed, and canst thou hate?

Mine eyes like wintry streams o'erflow:
What wretch with me would barter woe?
My bird! relent: one note could give
A charm to bid thy lover live.

My curdling blood, my madd'ning brain,
In silent anguish I sustain;
And still thy heart, without partaking
One pang, exults--while mine is breaking.

Pour me the poison; fear not thou!
Thou canst not murder more than now:
I've lived to curse my natal day,
And Love, that thus can lingering slay.

My wounded soul, my bleeding breast,
Can patience preach thee into rest?
Alas! too late, I dearly know
That Joy is harbinger of Woe.

[First published, Childe Harold, 1814 (Seventh Edition).]


出典:
The Works Of Lord Byron, Vol. 3 (of 7) by Baron George Gordon Byron Byron - Project Gutenberg
posted by 天城麗 at 22:00| Comment(0) | 英詩(English) | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

『短編バイロン詩集』20御身は僞ならざれど変り易し

  第二十、御身は僞ならざれど變り易し

  (一)

御身の深く愛する人々に、
御身は僞ならざれど、變り易し、
強いて流せし御身の涙は、
變り易すき心よりも遙かににがし、
御身の悲しむ心情こゝろを破るは、
御身の愛し過ぎて─忘れ易すきが故なり。

  (二)

心情こゝろは凡ての僞を嫌ひ、
虚僞と虚僞者を厭ふ、
されど飾なき心を存する女は、
その愛優しく眞實なり──
誠に愛せし人は彼女かれ戀ゆる時は、
新に我れ感ぜし如く、感ずるなり。

  (三)

嬉しき夢を見、醒めて後嘆ずるは、
生者愛者の避くべからざる運命さだめなり、
而して假令翌朝に自覺さとりしとて、
醒めし心は一層淋しさを感じ、
只だ睡眠のみ僅かに慰むるとの、
その想像を我等は許し難し。

  (四)

空虚あだなるまぼろしにあらざる、
眞實にして優しき愛情を懷く其人を、
如何に人々に思するならん、そは恰も、
獨り夢に於てのみ樂しみ得し如きものか、
あゝ斯の如き憂愁は想像の假計にして、
あらゆる御身の變化は只だ夢幻に過ぎざるのみ!

底本:
国立国会図書館 近代デジタルライブラリー『バイロン詩集』62コマ〜
posted by 天城麗 at 00:00| Comment(0) | 短編バイロン詩集 | 更新情報をチェックする

THOU ART NOT FALSE, BUT THOU ART FICKLE.

THOU ART NOT FALSE, BUT THOU ART FICKLE.

Thou art not false, but thou art fickle,
To those thyself so fondly sought;
The tears that thou hast forced to trickle
Are doubly bitter from that thought:
'Tis this which breaks the heart thou grievest,
Too well thou lov'st--too soon thou leavest.

The wholly false the heart despises,
And spurns deceiver and deceit;
But she who not a thought disguises,
Whose love is as sincere as sweet,--
When she can change who loved so truly,
It feels what mine has felt so newly.

To dream of joy and wake to sorrow
Is doomed to all who love or live;
And if, when conscious on the morrow,
We scarce our Fancy can forgive,
That cheated us in slumber only,
To leave the waking soul more lonely,

What must they feel whom no false vision
But truest, tenderest Passion warmed?
Sincere, but swift in sad transition:
As if a dream alone had charmed?
Ah! sure such grief is Fancy's scheming,
And all thy Change can be but dreaming!

[MS. M. First published, Childe Harold, 1814 (Seventh Edition).]


出典:
The Works Of Lord Byron, Vol. 3 (of 7) by Baron George Gordon Byron Byron - Project Gutenberg
posted by 天城麗 at 01:00| Comment(0) | 英詩(English) | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

『短編バイロン詩集』21冷静此悩める肉体を蔽ふ時

  第廿一、冷靜コールド子ツス此惱める肉體を蔽ふ時、

  (一)

冷靜コールド子ツス、此腦める肉體を被ふ時、
あゝ!不生不滅の精神は何處を彷よふぞや、
死せず、止まらず、されど、
朽ち易すき塵埃を後に殘して去る、
斯くも肉體を離れて、一歩又一歩、
あらゆる星辰の天道を辿るるか、
然らずば萬物を監視する眼目なるもの、
直ちに空間の全面を滿たすならん?

  (二)

無限、無邊、無窮にして、
天地間の森羅萬象を見得る、
無形なる一思想は、
あらゆる萬物を監視し、召喚す、
過去の事に屬し朦朧と記臆に宿る、
種々の微弱なる形蹟を、
精神は一瞥して如何を見、
既往の凡てを瞬間に明白にす。

  (三)

物造者地球に人類を住せしむる前、
その眼目は混沌たる幽冥を廻轉し、
至高の天空の生せし處に、
精靈はその上昇する行道をもと
未來の損傷し又は造作する處に、
生成すべき萬物を通じて其瞥見を擴め、
而して太陽は滅せられ、軌道は破られ、
永遠に動かざるものとなる。

  (四)

天、愛、望、憎、恐、は、
凡て純潔清明にして冷やかに生き、
歳月は地球の歳月の如く流れ、
一年は一分の如く速かに走るなり、
遙か/\、一の羽翼なくして、
萬物を越へ、萬象を通じて、
死すべきものなるを忘れつゝ、
無名無涯なる其思想は飛び行くなり。



コールド子ツスの「子」は変体仮名「ね」、記臆、腦めるは原文のまま。

底本:
国立国会図書館 近代デジタルライブラリー『バイロン詩集』63コマ〜
posted by 天城麗 at 00:00| Comment(0) | 短編バイロン詩集 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。